プロフィール

きらきら1123

Author:きらきら1123

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きらきらの福袋へようこそ!
開けてビックリ、楽しい事♪が
てんこ盛り。
一緒に幸せ探しをしませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったー!!

昨日2月27日は、美野島町作りシヨップ「ゆらりん」で美野島応援団チームおひさまは「わたしたちは美野島がだいすき、そして元気でいてほしい!!」と銘打ってランチバイキングを開催しました。
いつものことながら特に綿密な計画もなく、ぶっつけ本番で当日を迎えました。11時30分開始なので、10時過ぎに行けば充分間に合うとのんびりかまえていたのですが、あっという間に開始時間になってしまいました。
お客様が見えているのにまだ準備中で、てんやわんやの大騒ぎだったのですが、みんなの騒ぎをよそにきらきらは何時も通りのマイペースで事は滞り?なく進んでいきました。(サポートで入ったママたちは真っ青になっていたようですが。)
ようやく12時近くになって開店できました。するとなんとなんと、次から次からお客様が入ってきてあっという間に満席になってしまったのです。
初めは2人だったホール担当者も手が廻らなくなったので、おひさまのいえで待機していたママたちに急遽応援を頼み4人で対応してもらいました。そんな中でもきらきらは相変わらずマイペースで厨房の中で飯炊きばあさんをしながら、お客様の反応や、客層の点検をしたりしていました。
ぶっつけ本番とはいえ、土曜日の夜チラシを1500枚ポステイングしていましたし、前日にはチラシ配布もしていたので、なんとかなるだろうと安易に考えていました。とはいえ全く不安が無かったかというと、さすが脳天気のきらきらでも多少の不安はありました。せっかくみんなで協力しあったのに、お客様が入らなかったら次への気力を失くしてしまうのではという不安です。
実はまだ何もしていないのにもう次のランチバイキングはおろかスウイーツバイキングの計画まで立てていたのです。どうも脳天気なのはきらきらだけではなさそうですね。
その後も続々とお客様が入ってこられて、なななななんと、12時40分には完売してしまったのです!!!!!!!
予備に準備していた(というよりも賄い食)分も出し切り、23食すべてはけてしまいました。やったー!!ばんざーい!!
来てくださったお客様には心から感謝します。ありがとうございました。
あまったらみんなで食べれていいよねとか、赤字が出たらみんなで頭割りしたらいいよねなどと弱気な発言も出ていたのですが、取り越し苦労でした。
2時前には全て終了し、意気揚々とおひさまのいえに帰りました。そこには今や遅しと待ち構えていたママたちと、飢えた狼のような子供たちが待っていました。そうみんなも食事もせずに待っていたのです。
「ゆらりん」で作ってきたおにぎりと、残り物をかき集めたおかずでさっそく打ち上げをしました。みんな大喜びで、特に子供たちは腹ペコだったのでむさぼるように食べていました。
計算したところ、ちゃんと黒字が出ていました。最初にしては上出来です。このお金は次回の誕生会の経費になる予定です。
みんなありがとう。感謝します。一番楽しめたのはきらきらでした。

店内でお客様の声をお聞きした所大変好評で、次回は是非参加したいとの申し出もありました。


おひさまのいえからのメッセージ

子育て中で何もできないなんてあきらめないで!!
1人でできないことでも、みんなでやればできます。楽しめます。社会参加だってできます。
あなたが参加してくださるのをいつでもお待ちしています。





スポンサーサイト

koko ?

kokoについては、昨年暮れに書きましたが、パソコンが壊れてしまい続きを書かないままになっていました。
今日はその続きを書き込みたいと思います。

kokoを授かってから、たくさんの出会いがあった。今にして思えばどれも有難い出会いばかりだった。
kokoを授かっていなければ決して出会えなかった人もいる。
そう思うとkokoには「わたしを選んでくれてありがとう。」と心から感謝できる。

よくクラスの担任のことを「あたり」とか「はずれ」と言う表現をしますが、我が家ははずれたことがない。あったのかも知れないが、感謝する気持ちのほうがまさっていたので気がつかなかったのかも知れない。
3歳のとき初めて通った保育園の保育士さんに始まり、現在通っている授産施設の指導員さんまで、本当によくしてもらった。親がどうしていいかわからない時でも、いつも適切に対応してもらったと思う。文句を言ったこともあるけど、最終的には感謝で終わった。

その中でも、生涯忘れられない先生がいる。
我が家は転勤族であった。前任地で1年以上考えた末に決めた学校の入学を真近にして、突然転勤命令が出た。泣いて抵抗したがどうしようもなかった。不満たらたらで、入学式の前日に引っ越して来た。

我が家は、坂の上にあった。養護学校は坂を下りきった所にある。子連れで歩いて30分位かかった。
kokoの手を引いて坂を下りて行くと、同じように母親に手を引かれた子供たちが嬉々として上って来た。その日は全市一斉に入学式だったのだ。小学校は坂の途中にある。上っていく子供たちを横目に、ただ一人反対方向に下りていった。kokoの未来を暗示しているようでつらかった。涙をぽろぽろ流しながら、桜吹雪の中を歩いた。

入学式の後、いきなり担任の先生に呼び出された。開口一番「お母さんはkokoちゃんが良くなるとでも思っているんですか。」と聞かれ、返事に窮した。「良くはなりませんよ。私たちも一生懸命お手伝いしますが、普通になることはありません。おかあさんにはkokoちゃんしか見えていないようですが、子供は、しょうがいが有ろうが無かろうが、いつかは親元を離れます。そのときお母さんはどうするんですか。kokoちゃんはどうなるんですか。お母さんにはお母さんの人生、kokoちゃんにはkokoちゃんの人生があります。今からそれを考えていてください。自分を大切にしてくださいね。」こんな風に単刀直入に言われたのは初めてだった。みんな何か言いたそうな顔はしているけど誰も言ってはくれなかった。というよりも言わせなかったのだと思う。目から鱗が落ちたような気がした。

帰り道、坂道を上っていると、同じように親子連れが下りてきた。すれ違った時、ふと思った。「なんだ。順序が違うだけじゃない。」
先に上るか、後で上るかの違いだけで、上ったり、下ったり結果は一緒。泣くようなことじゃないね。その日から人生が変わった。

将来kokoが行先が無かったときの為に陶芸や籐手芸を習いに行き、そこでたくさんの友達ができた。自分の世界が広がった。1日中kokoに目を光らせることが無くなってきた。kokoがのびのびしていくのが手に取るようにわかった。
自動車の免許も取った。教習所に行くときは先生がkokoを預かってくれた。本当に有り難かった。
今こうしていられるのも先生のおかげだと思う。時々、なつかしく思い出す。
kokoを授かったことでつらい思いをしたこともたくさんあったけど、それ以上の喜びがあり、まなびがあった。
ありがとうkoko!!
感謝しているよ。

マクロビでデトックス&ダイエット ?

一日目  2月5日(月曜日)
お腹がすいたー。一日でたったこれだけしか食べられないと思うとつらくなる。
でも決心して始めたんだからがんばるんだ!
まずそうな感じがしたが、デザートの黒豆甘栗が以外と美味。
ご飯が100回、お粥が50回噛まなければならないので食事の時間が異常に長い。
ちゃんと噛めるか不安だったが、案外上手に噛めた。
でもあんまり噛んでいたら気分が悪くなってしまった。なれないとそういうことがあるらしい。
いかに早食いだったか思い知らされた。
もぐもぐしているうちに自分が牛になったような気分になった。

2日目  2月6日(火曜日)
ぐっすり眠れた。噛むのに疲れたせいもあるが、9時以降は一切食べ物を口に入れないのが良かったようだ。
きらきらはもともと不眠症気味で夜中に目が覚めると朝まで眠れないことがよくある。その原因が寝る前の食事にあったことに今更ながら気がついた。
いつも帰りが遅く、食事が10時過ぎで、そのままバタンと倒れるように眠ることもよくある。その為に、寝ている間も体は休み無く働かされていた訳だ。それじゃあ安眠出来るわけないよね。
ダイエット中はおひさまのいえで食事をとることにしたので8時には食事ができる。レトルトなのできらきらでも用意できるのだ。
朝、目覚めたときに特にお腹がすいてはいなかった。以外!!
昼間はお腹がすいてたまらなかった。だから何でもおいしく食べられた。
たった一日で1kgも減っていたのにはびっくり!!

3日目  2月7日(水曜日)
だんだん飢餓感が無くなってきた。初日100回噛んだら気分が悪くなったが今日はそれも無い。だんだん体が慣れてきたのだろう。
子供たちが目の前で何を食べていてもまったく気にならなくなってきた。ついうっかり食べてしまうということも1回も無く過ごしている。いいこ、いいこ、なでなでしてあげよう。
マッサージも指ぐりぐりもやってるぞー!!(より効果がでるそうな。)

4日目  2月8日(木曜日)
今日は少量の食事で満足した。胃が小さくなっているのがわかる。
朝ウエストをはかったらなななんと、4センチも細くなっていた。
体重よりも、お腹ぽっこりを直したかったので大感激!!
ナイスバデイも近いぞー。

5日目  2月9日(金曜日)
今日から少し食事の量が増えた。
するとどうだろう、満腹で苦しい位になった。本当に胃が小さくなったのがよくわかる。
体の調子もいいようだ。体重があまり減らなくなった。がっかり。
相変わらずよく眠れる。

6日目  2月10日(土曜日)
今日は、朝4時から、夜11時まで仕事だった。
かなりハードだったのにほとんど疲れていない。
少し不安だったが、たくさん食べなくてもちゃんと動けることがわかった。

7日目  2月11日(日曜日)
今日は八女に行った。外出しても何も食べられないのはやはりつらい。
いつも行く湯葉屋さんで無意識に試食してしまった。1センチ角の湯葉を2個。湯葉のかりんとうを口に入れた所ではっとした。妙な甘さが口中に広がって思わず吐き出してしまった。味覚も変わってきたようだ。
1日中、運転していたがとっても元気でいられた。

最終日  2月12日(月曜日)
今日でプログラムは終わり。長いようで、短かった。
8日間で体重は3kg、ウエストは7センチも減った。ばんざーい!!
コッキさんから体重よりもウエストの減り方がすごいとほめられた。
アフターダイエットでもっと減るよと言われて、また踏ん張る気になった。

この8日間で変わったのは体形だけではない。
食への意識が根底から覆った。世界平和の為には、食形態を見直すことが必要という久司道夫さんの言葉にまさしくその通りだと納得できた。始める前は何と大げさなと思っていたのに、今は心から納得できる。
必要以上に食べたうえ、残ったものは惜しげもなく捨てる。食べ過ぎたその分で、残したその分で、今日という日を生き延びることができる人がいるかもしれないのに。
食べるということは他の命(動物であれ、植物であれ)を頂くことなのに、無駄に捨ててしまっていいのだろうか。
食べ過ぎて、太って、ダイエットして、太るのにお金をかけて、痩せるのにまたお金をかける。
痩せなければ、生活習慣病だの、メタボリック症候群だので莫大な医療費がかかり、国の財政を圧迫する。
食料の自給もできない国なのに。
コッキーさんに、100まで数えるのは味気ないから「ありがとうございます。」を10回言えば100になるよと言われてそうしてみた。数えているうちに何故か涙が出てきた。ほんの少しのご飯をかみ締めながら食べると「これで充分。ありがとうございます。」と心から思えた。
これからも、今の気持ちを忘れずになんちゃってマクロビでもいいから続けていこうと思う。(あんまり入れ込むと続かないからね。)







マクロビでデトックス&ダイエット ?

わたしこときらきらは、はっきり言っておばさん体形です。出ている所(顔、手足など)が比較的小さいので目立たないのですが、お腹はDカップですごいんです。以前から気にはなっていたのですが、なかなかダイエットできずにいました。
10年ほど前に一度ダイエットに成功しているので、やればできるのは解っているのですが、何しろ忙しくてじっくり取り組んでいる時間がなかったのです。
しかし、そんなことを言っている場合ではなくなったのです。
仕事のしすぎ?で体調が思わしくなくなったのです。そこでこれを機会にアルバイトをひとつ辞めることにしました。(他にもうひとつアルバイトをしていますが、これは将来おひさまのいえの仕事になるので辞める訳にはいけません。)コッキー作りも本格的になってきたので、丁度いいタイミングでした。
以前ダイエットしたのも、病気になって痩せざるをえなくなった為でした。
ダイエットの方法をいろいろ考えましたが、どれも怪しげです。特に「あるある」以来テレビは信用できないし、というよりその前に入院騒ぎになった「白花豆ダイエット」の犠牲者がなんとおひさまのいえからもでたのです。騒ぎのあとすっかり痩せて(というより、やつれて)現れたのですが、だれも同情する者はなく大笑いされていました。当然のことながらすぐにもとの体重に戻ってしまいましたね。
そんな時、コッキー発明者のコッキーさんご夫婦からマクロビダイエットを勧められたのです。マクロビとは、マクロバイオテック(直訳すると長生き術)を略した言葉で、玄米を中心とした野菜・海草・豆類を摂るシンプルな食事スタイルのことです。当然のことながらコッキーはマクロビ食です。コッキーを作っていてマクロビ食を知らないのは失礼なことだとは思っていた所でもあったので、渡りに船とばかりに始めることにしました。
マクロビのいい所は、ダイエットができるだけではなく、同時にデトックスまでできるのです。年齢を重ねると、脂肪だけではなく、色んな毒も体の中に溜め込んで、脂肪太りだけではなく、毒太りもしているのです。
よーし、出すものは全部出して、ナイスバデイになってやる!!
と言うわけで明日は、マクロビダイエット&デトックスの8日間の記録です。
どうなったかは、明日のお楽しみ!!













 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。